FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.手を繋いでよ

 おしゃれでカッコ良くて超自慢の彼氏のナオユキが最近全然つれない。あたしのことを触りもしないしあまつさえ半径5m以内には近づいてこない。あたしがちょっとでも近づこうとすれば、ナオユキは顔をしかめ、両手を前に突き出し「タンマ」と言う。「タンマってなによ」と、さすがにあたしも怒りながら抗議したわ。そしたらナオユキはここぞとばかりに「英語のtimeが変化してタンマになった説もあるし、フランス語の無駄な時間という意味のtemp mortからきたとする説などもある。個人的には器械体操で選手が手にはたいて使う、滑り止めの炭酸マグネシウムを略してタンマっていう説が一番グッときたかな。君の好きなキムタクの『ちょ、待てよ』を代わりに使えないこともないが、あまりエスプリではないからね……聡明な君にはもうわかるね?」とまくしたてた。あたしバカだからそのときは、「(キムタク??)へーすごーい、ナオユキってカッコ良いだけじゃなくて長舌で知的!」って感心しちゃうんだけど、それで抱きつこうと駆け寄ればナオユキは全速力で逃げていくの。そんで、5m先で猫みたいに振り返ってあたしのことじっと見つめてる。ねえ、どうしちゃったの? あたし悲しくなっちゃってその場で泣き崩れたんだけど、OLさんに大丈夫?って肩を叩かれてやっと、ナオユキがもうどこにもいないことに気づいたの。

 以前はこんなんじゃなかった。少なくても1週間までは普通のカップルで、むしろ超イチャイチャラブコメ系だったのに。あたし、ナオユキになにかしたのかな。ガラケーだから嫌われたのかな?

 テレビもラジオもPCもない質素な一人暮らしの部屋も、彼がいればワンダーランドだった。でもそれも過去。今では家の中でもきっちり5mの距離がある。なんか最近、5mを測る紐みたいなのを持ち歩いているし、別れたいのかと聞くとそうでもないらしい。なんなのこの虚無感! 眠れない夜が続いて、おかげで朝、完全に爆睡。授業にも遅刻するようになって、もう何もかもうまくいかないって泣いて過ごす日々が続いたの。

 ナオユキがあたしと文字通り距離を取りはじめてからまた1週間。あたし気づいちゃったんだけど、街からカップルが消えたかもしんない。最初は大学の有名おしゃれカップルが食堂の長テーブルに離れて座ってごはん食べているのを見かけて、別れたのかーとか思ってたんだけど、ご町内に出ても手をつなぐカップルがいないんだよね。待って、日本、おかしい。

 急に怖くなってその場からとにかく逃げ出したくなった。走り出したついでに、そのままナオユキの部屋にカチ込んだの。ソファで雑誌を読んでいたナオユキは絶対に一瞬嬉しそうに笑みを浮かべたのに、何でもない風を装って雑誌に視線を戻して「絶対に5mは近づかないでくれよ〜」と面倒そうに言う。だからあたしは「うるせえ!!!」って怒鳴って、背中を向けたバカ野郎の頸部に遠慮なく右ストレートをぶち込んだ。宙を舞ったPOPEYEが床に落ちる前に、襟元を掴んで引く。

「大学のカップルだけじゃなくて、街のカップルもおかしいんだけど、何なの、この距離感!?」

 ナオユキは心底がっかりしたと言わんばかりにあたしを見上げた。そして大げさにため息を吐いて「……悶(もん)だよ、悶。POPEYEにも書いてるし……」と言った。何を言ってるのか本当にわからない。そういえば、と床に目をやると、ナオユキが数分前まで手に持っていたPOPEYEが落ちていたから、あたしは這いつくばるようにして雑誌を手に取り開いた。「あと、メンタリストも言ってるし……」雑誌には開きグセがついていて、すぐにその特集が目に飛び込む。「インフルエンサーも『悶デトックス』を提唱してるよ。君は本当に世間に疎いよね?」

《《《《《

“悶”でデトックスせよ!

1か月間、恋人と最低5mの距離を取ることだけ。
欲望を断つことで絶食と同じデトックス効果を発揮!!

さらに、悶ボルテージが上がった彼女も
キミにゾッコン間違いなしだ!

》》》》》

 POPEYEを投げ捨てて立ち上がり、玄関に向かう。「最低だ……」言葉って、自然とこぼれるものなのね。寝不足で目眩もしていて最悪でもある。「でも……みんなやってるし……」と後ろからボソボソと声がした。この人のこと賢いと思っていたのは何だったんだろう。さっきまで高圧的だったのに、なんでこんなに弱気になってるんだろう。なんであたしはそんな自信のないものに振り回されなきゃならんかったんだ。最後にもう一度罵ってやるぞ!と振り返ると、すがるような瞳のナオユキと目が合った。

「……ねえそれが、あなたのエスプリだったの?」

 玄関を開けて廊下に出た。アパートの前の道を見下ろすと、きちんと手をつないで歩く素朴なカップルがいたからホッとした。後ろ手でドアを閉める。ドアがガチリと戻ったと同時に、サチモスの「STAY TUNE」の音が途切れた。
スポンサーサイト

ものすごくおそろしくて、ありえないほどかわいい

花田雪子は小さくてかわいいものが好きだ。


「熊ちゃん、見て見て、猫だよ! かわいー!」


彼女はデートの途中であっても、俺の隣から離れて猫まっしぐらになる。
それはいつもの光景だ。
そして猫は彼女に気づくや否や、素早く茂みに飛び込んで姿を消してしまう。
……それもいつもの風景だ。


「逃げちゃった……。あ、かたつむりさん」


彼女はかたわらの紫陽花の葉の上のかたつむりに手を伸ばした。
刹那、かたつむりは驚きの瞬発力を発揮し、
身をすくめると転がるようにして茂みの奥へと消えた。


「……」

「池のほうにも行ってみよう、花ちゃん」


俺はさり気なく話題を変える。
ここまでが、いつものお約束だ。



彼女には不思議な特性がある。

それは小さくてかわいいものに拒絶をされてしまうということ。

いくら小さいものに引っ掻かれようが喚かれようが嫌われようが、
彼女は小さくてかわいいものが好きなことを諦めなかった。
見た目はおっとりとした女の子らしい女の子なのに、
信念を曲げない強さに、俺は惚れ込んでいた。





「公園内にお越しいただいているお客さまにご連絡です。不忍動物園から二頭の大型動物が脱走しました。捜索と捕獲のため公園を順次閉鎖中です。大変危険ですので……」


不忍池の蓮畑を眺めていると突然、物騒な園内放送が流れた。
周囲もざわつき始める。


「なんだか危険そうだね。ここから離れようか」

「う、うん……」


不安気な彼女の手を引き、足早に駅へと向かう。


「熊ちゃん。何かあったら守ってくれる?」


何かって……もし、大型動物に出会ったら?
それがライオンかもしれないのに?
と、言葉にしかけてあわてて唇を噛む。
か弱い彼女は、ただ安心がほしいのだ。

俺は彼女の手を強く握り返す。
男らしく頷いて見せようと振り向き、
目を見開き口を開け、……叫んだ。


「ゾウとカバっ!?!?」


なんの冗談だ。
いや、むしろ冗談であってほしかった。

彼女の頭越しに見えたのは、アジアゾウとカバの暴走だった。
しかもなんの因果か、脇目も振らずにこっちへ向かっている。

人々は蜘蛛の子を散らすように逃げまどう。
狭い道で避け切れず、池へ飛び込む人までいた。

阿鼻叫喚の地獄絵図。

競い合うように並走する二頭は異様だった。
立ち止まって唖然とする彼女の手を引き、
二頭に背を向け再び駆け出す。


「ぱおー!」
「ゔぉゔぉゔぉー!!」


道並みにあるベンチや柵が弾け飛ぶ音は聞こえるのだが、
一向に足音は止まらない。
大型動物は痛覚が鈍感にできているのだろうか?


「きゃ!」


そんなことを考えながら走っていると、
小さな悲鳴と同時に手から重みがするりと消えた。

振り返ると、彼女が前のめりに転んでいた。
少し後ろには脱げたハイヒールが転がっている。

しまった。
脇に抱えてでも
本気で逃げるべきだったのだ。


「花ちゃんーーーー!!!」


迷うことなく俺は道を戻る。
猛獣たちが起こす振動は近く、脳が痺れる錯覚を起こす。

絶対に傷つけてたまるか、と彼女を全身でかばおうとしたとき、
ゾウとカバが目と鼻の先ゼロ距離にいたので俺は、

「さすが、重量がトン単位の動物は顔がデカいなー」

と、思った。







「ぱおー♡」
「ゔぉゔぉー♡♡」
「……」


彼女には不思議な特性がある。

それは小さくてかわいいものに拒絶をされてしまうということ。
ただし、大きくて怖そうなものには狂信的に好かれるということ。


先ほどの騒ぎが嘘のように、
ゾウとカバは彼女の膝元でごろごろと腹を見せて甘えていた。
彼女自身は座り込んだまま、二頭に囲まれて動けないようだった。

俺はというと、5mほど突き飛ばされはしたが特に怪我はなかった。
起き上がり、彼女に危害が及ばないことを確認して、警察に電話をかける。


「もしもし、不忍池でゾウとカバを発見しました。いえ、大人しくしています」


電話の向こう側が騒がしくて、少し声量を上げた。


「はい、そうです。僕は高橋文人と言います。連絡先は……」


彼女は知っている。

自分が大きくて怖そうなものに好かれることを。

それが「女の子らしくない」というコンプレックスとなり、
小さくてかわいいものに固執していたのだ。


「ねえ……」


電話を切った俺を呼ぶ彼女の声は、低く掠れていた。
ここまでの事態は初めてだから、怖いのだろうな。

俺は用心しつつゾウの横を通り抜け、
彼女の元に歩み寄り、そっと抱きしめた。


「……熊ちゃんは……違うよね?」


耳元の言葉に呼応するように
背中に冷たい一筋の汗が伝い落ちた。


身長195センチ。
格闘家体型。
切れ長の一重に角刈り。
プーさんに似ているから、とつけてくれた「熊ちゃん」という愛称。
腕の中にいる、ふた回りほど小さな彼女。


まさか。
もちろん俺は、自分の意思で彼女を好きになった。
でも、その一言で早く彼女を安心させたいのに、
さっきから喉の奥が異様に乾いて、震えが止まらないのだ。

9.世界に鳴いた

女の名は美智子。
俺と一緒に街を歩けば通行人はみんな振り返った。
そんな器量のいい女が俺に溺れている。


美智子は俺の言うことを何でも聞いた。
最近では大声を出せば30秒も待たずに飛んで来るから、
身の回りの世話はすべてあいつに任せることにした。

俺は何をしてやるのかって?
何もしない。
ただ、美智子を見て笑ってやるだけさ。
それだけで美智子はホッとした表情を浮かべるのだ。


いい女が髪を振り乱して俺のために生きる。
今までの生活をすべて捨て、俺だけを生き甲斐にしている。
俺は一人の女の人生を狂わせた悪魔かもしれない。
だが、そんなこと知ったことじゃないんだよ。
あいつ自らそれを選んだだけなのさ。


それはひどく空気の乾いた冬の夕暮れだった。
4畳半の部屋で二人きり、いつものように美智子を呼びつけて気がついた。
そういえば、最近全く笑わなくなったな。
何かあったのだろうか。俺はじっと美智子を見つめた。


「何もないよ」
なんでもないことはなかろう。

「何もないの……」
じゃあ、目を見て言えよ。

「ごめんねたっちゃん。もう、家に、何もないの……」


美智子の目からぽろぽろと水滴がこぼれ落ちる。
俺はただただ狼狽し、あいつに抱かれるまま天井を見上げた。


「もう家にお金がない。私には帰る場所もない。役所からお金は降りないし、アイツは見つからない。どうしたらいいの、四面楚歌よ」


いつもバカのように笑っていた美智子が俺にこんな姿を見せたのは初めてだった。
触れた肌はこんなにも熱いのに、ときおり冷たいものが俺の頬に落ちた。
美智子の中の何かがぷっつりと切れたことだけは、俺にも分かった。


「だぁ……」
「ねえ、山の公園にお猿さん見に行こ?」


俺の言葉を遮るように突然そう言うと、
美智子は支度をはじめた。


「人もいないだろうし、都合がいいわ……」


山の上の猿公園。
それは以前一度だけ、二人で散歩に行った場所だ。
二人とも檻の中に目がくぎづけで、猿たちの奇行に大いに笑わせてもらったな。
そんな幸せだった時間を少しでもかき集めて心を温めようとして、
俺たちは突き刺さるような寒さの中、身を寄せ合って山を登ることにした。

日が完全に落ち切る直前、目的地に辿り着いて愕然とした。
檻の中に、猿は一匹もいなかったのだ。
誰かが移動させたのか、それとも全部死んでしまったのか。
分からないが、そこに猿がいない事実だけが全てだった。


「こうやって、いつも大事なものを奪われるのね」


ぽつりと、美智子はつぶやいた。
骨と皮だけになり、肌や髪のツヤも失われた美智子なんて、
街を歩いてももう誰も振り返ることはないだろう。
自分はメシも食わず、金を手に入れるために働き、
ふんぞり返る俺を無条件に愛し、
見返りを求めずに優先していたのだ。

こんなにも風貌が変わっていたことに今更気づいた俺が、
このまま、美智子のそばにいる資格なんてあるのだろうか。


ふと、鼻先に甘い香りを感じて目を空に向けた。
俺たちの背中を覆いかぶさるようにそびえ立つ大きな木の枝に、
小さな白い花がぽつりぽつりと咲いていた。
控えめながら美しく目を惹くその花は、美智子に似ていると思った。
懸命に手を伸ばし、やっと触れた花を握りしめる。
手の中でつぶれたそれに笑顔を添えて差し出した。

美智子の世界一美しい目が大きく見開かれる。


「たっちゃん?」
ああ、プレゼントだ。

「梅の花……」
よく知らないが、美しいものだな。

「ねえ、どうして笑ってくれるの? 私、たっちゃんとここで、今から……」
言うな、それ以上言わなくていい。

「そっか、もう春が来ていたのね。そんなことすら気づかないくらい、いっぱいいっぱいで」
美智子、これからどうするつもりだ?

「……私もう少しがんばるよ。冬は辛いけど、必ず春は来るわ。そう……でしょ?」


美智子は俺を抱えたままその場にうずくまり、みっともないくらいの大声で泣いた。
触れる手が冷たい。
目からあふれるものも冷たい。
最悪だ、やめろ。


……いくらでも望むまでそばにいてやるさ。
今はまだ何もできないけれど、
そのうちお前を養ってやるから。
だからお前のそばにいさせろ。
それに、そろそろオムツも冷たいんだよ。


二人以外、誰もいない小さな公園で、
俺は母に負けんとばかりに大きく泣いた。
 

7.心地良いから

「次はドラッグかなと思っているんだよ、俺に足りないのはね」

高円寺の水タバコ屋で、
シンジは、人目もはばからずにそんなことを言った。
オレンジ・ペコーの香りがシンジの言葉のあとから遅れて漂ってくる。
そして、ここに来る前に食べたカレーの臭いも。

「サブカルマスターとしては、麻薬体験も欠かせないだろう」

そう言うと返事も待たずに、
汚いノースフェイスのリュックサックから得意気に本を取り出した。
その表紙を見た瞬間に俺はむせて、自分の吐いたセブンスターの煙に頭を突っ込んだ。

『今スグ始められる楽しいジョギング』
たしかに、赤い文字に黒い縁で、そんなタイトルが書いてあった。

「オーケー、大体分かった……」
「ええやろ?」

ニヤッと隣で笑うシンジからまた、
オレンジ・ペコーとカレーがミックスされた不快な香りが漂ってきた。



シンジはヘタレなくせに、サブカルを自称している。
理由を聞くと、「えーだってモテそーじゃん」と本人は真面目に答えた。
高円寺にわざわざ移住したのもそのためらしい。

その計画の手始めに、タバコをやりたいと言うから1本くれてやったら、
3秒後には咳き込み、それを地面に投げつけ、号泣をはじめた。
だからぷかぷかふかせばいい水タバコは、彼にとっておあつらえ向きだった。
しかもサブカルっぽいから、大変気に召されたようだ。
最近、俺は葉巻に変えたが、
シンジに会うときはシンジ専用セブンスターを持つようにしている。



「ほら、よくセックスアンドドラッグって言うしな」

そこでセックスを選ばなかったコイツのヘタレさを、俺は気に入っていた。

「じゃあさっそく明日。朝5時にパル商店街カラ鉄前で」

それが故に、何事もひとりではやらない面倒くさい奴でもあった。






ランナーズ・ハイ。
シンジが目をつけたドラッグは、脳内麻薬だという。
走り始めて20分ほどすると、
脳内にベータ・エンドルフィン等々のホルモンが徐々に分泌される。
それはモルヒネの数倍の高揚感があるらしい。


「やべえ……やべえよコレ……」

走り終わったあと、アスファルトに寝転がって、
汗も拭わずシンジはブツブツと喋り続けていた。
3日も経てば俺の立ち会い(スタートを見送り、ゴールを祝福する)も必要なくなった。
意外にもシンジはひとりで、ドラッグとやらに夢中になっていったから。





「今日は業平橋のスカイツリー見に行って帰って来た」
「よくやるね」
「二人以上で走るともっと気持ちいいって書いてる。なあ、お前もやろうぜ!」
「いやだ」

いつもの水タバコ屋で、もはや骨と皮だけになった黒シンジは分かりやすく肩をおとした。

「身も蓋もない言い方で悪いな。でも違うやつ誘えよ」
「わかった……」

答えてスイカの息を吐く。
俺の嫌いな、瓜の香りを。


そしてそれが、俺がシンジに会った最後だった。


簡潔に言おう。
俺もまだ信じたくはないのだが、あのシンジが英雄になった。


二人以上で走ると気持ちいい。を実践したのを皮切りに、
二人から三人、三人から四人……シンジは関東圏内で勢力を増した。
のべ500万人を従えて走るのだから、テロさながらだった。

警察の必死の抑圧に屈しないシンジ率いる大衆たち。
アフリカにおけるイナゴの群れを彷彿とさせるそれは、175ランナーズと呼ばれた。
シンジが立ち上がるとレインボーブリッジは封鎖せざるを得なくなり、
国会は取り囲むし政治は脅かす。
ただ、人々は皆共通して、ランナーズ・ハイだった。





昼下がり。
高円寺の水タバコ屋で、ひとり甘ったるい水タバコを吸っていたとき、
店にかかっていたラジオのBGMが途切れて臨時ニュースが流れた。
警察が175ランナーズのリーダーの狙撃に成功し、事実上の鎮圧がなされた、
とキャスターがたんたんと読み上げるのを聞きながら
俺は空中でたゆたう煙の行方をぼんやりと目で追い、まぶたを閉じた。


やはり水タバコのニコチンじゃもの足りなくてポケットから葉巻の缶を取り出す。
そのとき、葉巻と一緒に不意に何がこぼれ落ちて、
拾おうと床にかがみ込み、思わず息を飲んだ。

まだ数本残っていたセブンスターの箱が、こちらを睨みつけていたのだ。

6.だって、それは希望の色だ

小さな下宿風の木造アパートに僕らは身を寄せ合って暮らしていた。


彼女のヨーコは7歳年上の26歳。
新小岩のスナックで接客されて知り合った。
キャラ作りか自分のことを『アタイ』と呼ぶところがツボだった。
付き合う前は『テヅちん』だったのも
今では『アンタ』になった。うれしい。

付き合い始めてから、彼女はスナックを辞めて
近くのコンビニで働きはじめた。

「アンタの彼女として、胸、張りたいから」

とタバコの煙を燻らせながらそう言ってくれた。うれしい。

「女の子のタバコはかわいくないよ」

僕がそう言うと彼女はしばらく笑い転げてくれた。

それから彼女がうちに転がり込んで来るまでに、時間はかからなかった。
憧れの同棲に胸を躍らせたが、
うちはこの通り。5.5帖のボロアパートだ。

申し訳なさにぐったりしていると、
窓に腰掛けたまま、優しい彼女が頭をなでてくれた。

「アンタに惚れてるから来たんだ」

タバコの灰がぽとりと、窓から落ちた。

そんな彼女のために、僕はできることをしたいと思った。
まずは実家にメールして、仕送りを増やしてもらおうと決意した。





あれから1年半。
いつものように窓に座って夕暮れを眺めていたヨーコは
タバコの火を消した後、「お醤油とって」くらいさらりと言った。

「生理が来ないんだけど」

僕がぽかんとしていると、彼女は巾着からなにかを取り出した。

「これは妊娠検査薬です」

体温計みたいな形のものを出して見せる。
薬……? どこが薬なんだろう?

「そしてこちらが検査の結果です」

体温を表示するような小さな窓が中央についていて
それを覗き込むと、縦に赤い線が入っていた。
説明書によると陽性という意味らしい。

「どうする?」

さっき便所に立ったのはそのためか。
そうか。と、僕は立ち上がり、そのままヨーコの首を締めた。

「浮気かこの売女めが!!」

「!!」

だって僕とヨーコは、ステディな関係だが
身体の関係は、まだ早いって思ってたからーーーー!!

ヨーコは身体をねじって僕の細い腕から逃れた。

「浮気なんてしてないし!」

思わぬ言葉に頭が混乱する。

「じゃあどういうことだよ」

ばかばかしいのは分かっているけど
それでもそう問うたのは、
まだどこかでヨーコを信じたい気持ちがあったからだ。

「わかんない」

「とぼけるな! だって、僕はなにもしてないぞ!」

「でもわかんないんだもん! ヨーコ、おうちにちゃんと帰ってきてたでしょ?
浮気してないもん。マリアだってお父さんいなくても子ども生んだじゃん!」

「誰だよ。ヨーコの友達?」

「知らないの? キリストのママだよ~!」

ヨーコはそう言うとメソメソし始めた。
ていうか、キャラがまったく違ってる。

「女はね、母になると変わるんだよ?」

そうなのか、知らなかった……。

平行したまま進まない話に疲れて僕はすとんと畳に腰を落とした。
メソメソしていたヨーコは顔を上げ、窓の外を眺めてつぶやいた。

「ヨーコの子どもなのに、テヅくんは愛してくれなんだ……ヨーコ、孤独」

その小さな背中がすごく愛しくて愛しくて。
狂いそうだった。

大学生だからお金もないし、
僕は世間知らずかもしれない。
でも、これだけは胸を張れる。

「ヨーコごめん!」

小さな背中を包み込むようにヨーコを抱いた。

「そうだよな、ヨーコの子どもだもんな。それにヨーコは浮気してないもんな。
 疑ってごめん。愛しているんだ。結婚しよう」

「テヅくん……妊娠を喜んでくれるの?」

「当たり前だろ。だってそれは」

ヨーコの肩越しに窓際に置かれた妊娠検査薬を見た。
赤い線。新しい生命のしるし。

「それは、希望の色だから」

「アンタ……愛してる!」

僕は愛する女とその女が生む小さな命を守るために生まれてきた。
きっと今が、そのときなんだね。

「ありがとうアンタ。とりあえず出産にかかる費用なんだけど……」

「え、う、うん」

「あと、さっきアタイに売女と言った慰謝料も含めて……」

「え、それはゴメン! 気が立ってて」

「ゴメンで済めば警察いらんやろ。愛しとるよ、アンタ」

「うん僕も! うれしい!」



それは希望の色で、破滅の色でもあったこと。
このときの僕はまだ、気づいていなかった。
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

遠藤あかね

Author:遠藤あかね
あかねだよう。

絵日記を描こうと思ったけど
無理だったので
50のお題という
創作文章系ブログにします。
しばしはね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。