スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.馬鹿にあげた

「あんたを殺してわたしも死ぬ!!」

握りしめたのは出刃包丁。
わたしは本気。
この、浮気者でプレイボーイでわたしの彼であるアイツを刺して死んでやる!


「ま~落ち着けよ~(笑)」


こんな状況でも彼はひょうひょうとしている。
わたしはこんなに、真剣なのに……!
包丁の柄をぎゅっと握り直す。


「殺す! 3回殺す! 嫌だっていっても」

「別に嫌だとはいっていない」

「うるさ……、はあ!?」


午前1時。
神社の境内に彼は座り込んだ。


「でもお前、俺を刺したあと、本当に死ぬの?」

「し、死ぬわよ!?」

「本当に~? やっぱり怖くてやめた~ってなるんじゃない?」

「ならないわよふざけんな!!」

「じゃあさ~、俺が万が一助かってお前だけ死んだらどうよ」

「えっ……」

「お前、死に損じゃない?」

「そんなことないように……」

「俺、二人とも確実に死ぬ方法知ってるよ」


彼はにっこり微笑んだ。


「お前と俺が結婚して、それで歳を取って、天寿をまっとうして死ぬのよ。どう?」

「……!!」


自分の目から大粒の涙がこぼれ、頬を濡らすのを感じた。
コトン と足元に包丁が転がった。
手が震えていた。


「なにそれ……ずるいよぉ……」

「ごめんな、心配かけて。もうどこにもいかない」


彼がわたしの隣にゆっくりと歩み寄り
そっと、頭を撫でてくれる。
ずるい。好き。ずるいよ。好きだよお……。


「よし。帰ろうね~」


わたしは子供のように泣きじゃくりながら、コクン と首を縦に振る。
彼がぽんぽんとわたしの頭を撫でて、荷物を拾いに離れていった。
わたしはふと顔を上げて帰り道の薄暗い下り階段の前に立った。



この神社の階段の先のように
モテる彼を持つわたしの人生の先は真っ暗で手探り。
でもわたし、この馬鹿に、わたしの人生をあげようと決めたんだ。
だから……








身体がぐらりとバランスを崩す。
あれ。
あんたいつの間にわたしの背後にいたの。


勢いづいた身体ひとつ、
軽やかにダンスするよう、暗闇の奥に吸い込まれて行く。
スポンサーサイト
09 | 2010/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

遠藤あかね

Author:遠藤あかね
あかねだよう。

絵日記を描こうと思ったけど
無理だったので
50のお題という
創作文章系ブログにします。
しばしはね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。