スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.今なら言える

ごおおおう……


五感が研ぎ澄まされている今、繊細な風の音まで耳にしっかりと届く。
深手の傷を負ったオレは瀕死で大地と接吻をしていた。

目の前で仁王立ちしている蛍光イエローで筋骨隆々の生物。
地球を支配しようと降り立った宇宙人のひとりだ。

地球最後の戦士として全人類の期待を背負い
戦いに挑んだオレはそいつに敗れた。
地球のみんな……。
残り少ない地球のみんな、すまない。
オレは、地球を守れなかった。



死はもう時間の問題だろう。
オレの生きた23年間のダイジェストが次々に浮かび上がる。
自然に囲まれたふるさと。
透き通った川で魚が元気に跳ねる。
ふざけながらオレが水の中にばしゃばしゃと駆け込むと
幼なじみのアイツが「もお!」って膨れっ面している。


くそォォ……。
アイツや残った人類はこのあと、隠れているシェルターが見つかってやられちまうのかな。
ごめんな……がんばったんだけど、人類を……お前を守れなかった。


そういえばアイツに想いを伝えた日。
たしかあれは2年半前、雪がチラチラと舞っていたな。
そしておれとアイツは……

「おい」

おれとアイツは……

「おい、死ぬのか?」

アイツ……

「おいって……。ちょっと、聞いてんのか!?」


って、なんだよクソ宇宙人、うるせーな。
今、残り少ないライフで回想してんだろうがボケが。


「なあなあ、ちょっと待てよ、弱くね?(笑) オレ、中ボスで、噛ませ犬的ポジションなんですけど。えー、お前ほんとうに最後の戦士? 戦士死ぬの? 困るなあ〜うちのパイセン等まだ待機してんだよ、出番なくなったらオレが怒られちゃうよ〜。実はやられたフリだろ? あ、わかった。わかっちゃった! このあと真の最終戦士が助けに来るんだな?」


来ねーよ誰も。
つかあんたがバッタバッタと選ばれし戦士2000人強全員。
全員倒したんでしょーが。


「よーしこい! 太陽に隠れてるのかあ!? と、見せかけて地面かっ!? …………ってこなーい! えーえー! お前、『おれが最後の戦士だー!』っていってたけどマジ!? だってお前の前に来たやつのほうがちょっと強かったぜ!? まだ10分くらいしか戦ってないじゃん〜死なないでよおお」


く、くそォ言いたいようにいいやが……っつッ!?
意識がかすんできやがっ……たぜ……。


「あ。動いた!? 大丈夫系? 実はまだ大丈夫系かな〜〜?」




……ああ。
目の前にもやがかかってきた。
おかしいな。痛みもだんだん消えていく。
どうやらお迎えが……来たようだ……な。

っ? そこにいるのはまさか……
先に逝った戦友のジョナサン……か?
おいおい、ニヤニヤしてんなよ。
あの世でもおれをからかう気だな?
お前とは冗談ばかり言い合っていたけど本当は……


「実は! 誰にも見せる機会がなかったけど! 第二形態もあるのだアア!!」

本当は信頼……

「待ってろよ、死ぬなよまだ! ちょっと必殺技見せるからな!!」

信頼し……

「これが俺様の本当の力だアアアア!!!(大きな地響きと共に山がひとつ吹き飛ぶ)」

…………


「すげーだろ! ここにあった骨がな、見える? ちょっと移動しようか? ここでだな、曲がって収納されている! どうだ! そして実はもっとすごいのがあってだな!! 俺様、本当は第三形態まで変身することができるのだ!! おい見とけよ人間! もうお前くらいしか見せるやついないんだからなアアアアア!(ごごごごごごごごごごごご)」




おーい誰か。ちょっと誰かいませんか?
誰かこのどーでもいいやつ、倒して黙らせてくれ。今生の頼みだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

遠藤あかね

Author:遠藤あかね
あかねだよう。

絵日記を描こうと思ったけど
無理だったので
50のお題という
創作文章系ブログにします。
しばしはね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。