スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.だって、それは希望の色だ

小さな下宿風の木造アパートに僕らは身を寄せ合って暮らしていた。


彼女のヨーコは7歳年上の26歳。
新小岩のスナックで接客されて知り合った。
キャラ作りか自分のことを『アタイ』と呼ぶところがツボだった。
付き合う前は『テヅちん』だったのも
今では『アンタ』になった。うれしい。

付き合い始めてから、彼女はスナックを辞めて
近くのコンビニで働きはじめた。

「アンタの彼女として、胸、張りたいから」

とタバコの煙を燻らせながらそう言ってくれた。うれしい。

「女の子のタバコはかわいくないよ」

僕がそう言うと彼女はしばらく笑い転げてくれた。

それから彼女がうちに転がり込んで来るまでに、時間はかからなかった。
憧れの同棲に胸を躍らせたが、
うちはこの通り。5.5帖のボロアパートだ。

申し訳なさにぐったりしていると、
窓に腰掛けたまま、優しい彼女が頭をなでてくれた。

「アンタに惚れてるから来たんだ」

タバコの灰がぽとりと、窓から落ちた。

そんな彼女のために、僕はできることをしたいと思った。
まずは実家にメールして、仕送りを増やしてもらおうと決意した。





あれから1年半。
いつものように窓に座って夕暮れを眺めていたヨーコは
タバコの火を消した後、「お醤油とって」くらいさらりと言った。

「生理が来ないんだけど」

僕がぽかんとしていると、彼女は巾着からなにかを取り出した。

「これは妊娠検査薬です」

体温計みたいな形のものを出して見せる。
薬……? どこが薬なんだろう?

「そしてこちらが検査の結果です」

体温を表示するような小さな窓が中央についていて
それを覗き込むと、縦に赤い線が入っていた。
説明書によると陽性という意味らしい。

「どうする?」

さっき便所に立ったのはそのためか。
そうか。と、僕は立ち上がり、そのままヨーコの首を締めた。

「浮気かこの売女めが!!」

「!!」

だって僕とヨーコは、ステディな関係だが
身体の関係は、まだ早いって思ってたからーーーー!!

ヨーコは身体をねじって僕の細い腕から逃れた。

「浮気なんてしてないし!」

思わぬ言葉に頭が混乱する。

「じゃあどういうことだよ」

ばかばかしいのは分かっているけど
それでもそう問うたのは、
まだどこかでヨーコを信じたい気持ちがあったからだ。

「わかんない」

「とぼけるな! だって、僕はなにもしてないぞ!」

「でもわかんないんだもん! ヨーコ、おうちにちゃんと帰ってきてたでしょ?
浮気してないもん。マリアだってお父さんいなくても子ども生んだじゃん!」

「誰だよ。ヨーコの友達?」

「知らないの? キリストのママだよ~!」

ヨーコはそう言うとメソメソし始めた。
ていうか、キャラがまったく違ってる。

「女はね、母になると変わるんだよ?」

そうなのか、知らなかった……。

平行したまま進まない話に疲れて僕はすとんと畳に腰を落とした。
メソメソしていたヨーコは顔を上げ、窓の外を眺めてつぶやいた。

「ヨーコの子どもなのに、テヅくんは愛してくれなんだ……ヨーコ、孤独」

その小さな背中がすごく愛しくて愛しくて。
狂いそうだった。

大学生だからお金もないし、
僕は世間知らずかもしれない。
でも、これだけは胸を張れる。

「ヨーコごめん!」

小さな背中を包み込むようにヨーコを抱いた。

「そうだよな、ヨーコの子どもだもんな。それにヨーコは浮気してないもんな。
 疑ってごめん。愛しているんだ。結婚しよう」

「テヅくん……妊娠を喜んでくれるの?」

「当たり前だろ。だってそれは」

ヨーコの肩越しに窓際に置かれた妊娠検査薬を見た。
赤い線。新しい生命のしるし。

「それは、希望の色だから」

「アンタ……愛してる!」

僕は愛する女とその女が生む小さな命を守るために生まれてきた。
きっと今が、そのときなんだね。

「ありがとうアンタ。とりあえず出産にかかる費用なんだけど……」

「え、う、うん」

「あと、さっきアタイに売女と言った慰謝料も含めて……」

「え、それはゴメン! 気が立ってて」

「ゴメンで済めば警察いらんやろ。愛しとるよ、アンタ」

「うん僕も! うれしい!」



それは希望の色で、破滅の色でもあったこと。
このときの僕はまだ、気づいていなかった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

遠藤あかね

Author:遠藤あかね
あかねだよう。

絵日記を描こうと思ったけど
無理だったので
50のお題という
創作文章系ブログにします。
しばしはね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。