FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.手を繋いでよ

 おしゃれでカッコ良くて超自慢の彼氏のナオユキが最近全然つれない。あたしのことを触りもしないしあまつさえ半径5m以内には近づいてこない。あたしがちょっとでも近づこうとすれば、ナオユキは顔をしかめ、両手を前に突き出し「タンマ」と言う。「タンマってなによ」と、さすがにあたしも怒りながら抗議したわ。そしたらナオユキはここぞとばかりに「英語のtimeが変化してタンマになった説もあるし、フランス語の無駄な時間という意味のtemp mortからきたとする説などもある。個人的には器械体操で選手が手にはたいて使う、滑り止めの炭酸マグネシウムを略してタンマっていう説が一番グッときたかな。君の好きなキムタクの『ちょ、待てよ』を代わりに使えないこともないが、あまりエスプリではないからね……聡明な君にはもうわかるね?」とまくしたてた。あたしバカだからそのときは、「(キムタク??)へーすごーい、ナオユキってカッコ良いだけじゃなくて長舌で知的!」って感心しちゃうんだけど、それで抱きつこうと駆け寄ればナオユキは全速力で逃げていくの。そんで、5m先で猫みたいに振り返ってあたしのことじっと見つめてる。ねえ、どうしちゃったの? あたし悲しくなっちゃってその場で泣き崩れたんだけど、OLさんに大丈夫?って肩を叩かれてやっと、ナオユキがもうどこにもいないことに気づいたの。

 以前はこんなんじゃなかった。少なくても1週間までは普通のカップルで、むしろ超イチャイチャラブコメ系だったのに。あたし、ナオユキになにかしたのかな。ガラケーだから嫌われたのかな?

 テレビもラジオもPCもない質素な一人暮らしの部屋も、彼がいればワンダーランドだった。でもそれも過去。今では家の中でもきっちり5mの距離がある。なんか最近、5mを測る紐みたいなのを持ち歩いているし、別れたいのかと聞くとそうでもないらしい。なんなのこの虚無感! 眠れない夜が続いて、おかげで朝、完全に爆睡。授業にも遅刻するようになって、もう何もかもうまくいかないって泣いて過ごす日々が続いたの。

 ナオユキがあたしと文字通り距離を取りはじめてからまた1週間。あたし気づいちゃったんだけど、街からカップルが消えたかもしんない。最初は大学の有名おしゃれカップルが食堂の長テーブルに離れて座ってごはん食べているのを見かけて、別れたのかーとか思ってたんだけど、ご町内に出ても手をつなぐカップルがいないんだよね。待って、日本、おかしい。

 急に怖くなってその場からとにかく逃げ出したくなった。走り出したついでに、そのままナオユキの部屋にカチ込んだの。ソファで雑誌を読んでいたナオユキは絶対に一瞬嬉しそうに笑みを浮かべたのに、何でもない風を装って雑誌に視線を戻して「絶対に5mは近づかないでくれよ〜」と面倒そうに言う。だからあたしは「うるせえ!!!」って怒鳴って、背中を向けたバカ野郎の頸部に遠慮なく右ストレートをぶち込んだ。宙を舞ったPOPEYEが床に落ちる前に、襟元を掴んで引く。

「大学のカップルだけじゃなくて、街のカップルもおかしいんだけど、何なの、この距離感!?」

 ナオユキは心底がっかりしたと言わんばかりにあたしを見上げた。そして大げさにため息を吐いて「……悶(もん)だよ、悶。POPEYEにも書いてるし……」と言った。何を言ってるのか本当にわからない。そういえば、と床に目をやると、ナオユキが数分前まで手に持っていたPOPEYEが落ちていたから、あたしは這いつくばるようにして雑誌を手に取り開いた。「あと、メンタリストも言ってるし……」雑誌には開きグセがついていて、すぐにその特集が目に飛び込む。「インフルエンサーも『悶デトックス』を提唱してるよ。君は本当に世間に疎いよね?」

《《《《《

“悶”でデトックスせよ!

1か月間、恋人と最低5mの距離を取ることだけ。
欲望を断つことで絶食と同じデトックス効果を発揮!!

さらに、悶ボルテージが上がった彼女も
キミにゾッコン間違いなしだ!

》》》》》

 POPEYEを投げ捨てて立ち上がり、玄関に向かう。「最低だ……」言葉って、自然とこぼれるものなのね。寝不足で目眩もしていて最悪でもある。「でも……みんなやってるし……」と後ろからボソボソと声がした。この人のこと賢いと思っていたのは何だったんだろう。さっきまで高圧的だったのに、なんでこんなに弱気になってるんだろう。なんであたしはそんな自信のないものに振り回されなきゃならんかったんだ。最後にもう一度罵ってやるぞ!と振り返ると、すがるような瞳のナオユキと目が合った。

「……ねえそれが、あなたのエスプリだったの?」

 玄関を開けて廊下に出た。アパートの前の道を見下ろすと、きちんと手をつないで歩く素朴なカップルがいたからホッとした。後ろ手でドアを閉める。ドアがガチリと戻ったと同時に、サチモスの「STAY TUNE」の音が途切れた。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

遠藤あかね

Author:遠藤あかね
あかねだよう。

絵日記を描こうと思ったけど
無理だったので
50のお題という
創作文章系ブログにします。
しばしはね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。