スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.馬鹿にあげた

「あんたを殺してわたしも死ぬ!!」

握りしめたのは出刃包丁。
わたしは本気。
この、浮気者でプレイボーイでわたしの彼であるアイツを刺して死んでやる!


「ま~落ち着けよ~(笑)」


こんな状況でも彼はひょうひょうとしている。
わたしはこんなに、真剣なのに……!
包丁の柄をぎゅっと握り直す。


「殺す! 3回殺す! 嫌だっていっても」

「別に嫌だとはいっていない」

「うるさ……、はあ!?」


午前1時。
神社の境内に彼は座り込んだ。


「でもお前、俺を刺したあと、本当に死ぬの?」

「し、死ぬわよ!?」

「本当に~? やっぱり怖くてやめた~ってなるんじゃない?」

「ならないわよふざけんな!!」

「じゃあさ~、俺が万が一助かってお前だけ死んだらどうよ」

「えっ……」

「お前、死に損じゃない?」

「そんなことないように……」

「俺、二人とも確実に死ぬ方法知ってるよ」


彼はにっこり微笑んだ。


「お前と俺が結婚して、それで歳を取って、天寿をまっとうして死ぬのよ。どう?」

「……!!」


自分の目から大粒の涙がこぼれ、頬を濡らすのを感じた。
コトン と足元に包丁が転がった。
手が震えていた。


「なにそれ……ずるいよぉ……」

「ごめんな、心配かけて。もうどこにもいかない」


彼がわたしの隣にゆっくりと歩み寄り
そっと、頭を撫でてくれる。
ずるい。好き。ずるいよ。好きだよお……。


「よし。帰ろうね~」


わたしは子供のように泣きじゃくりながら、コクン と首を縦に振る。
彼がぽんぽんとわたしの頭を撫でて、荷物を拾いに離れていった。
わたしはふと顔を上げて帰り道の薄暗い下り階段の前に立った。



この神社の階段の先のように
モテる彼を持つわたしの人生の先は真っ暗で手探り。
でもわたし、この馬鹿に、わたしの人生をあげようと決めたんだ。
だから……








身体がぐらりとバランスを崩す。
あれ。
あんたいつの間にわたしの背後にいたの。


勢いづいた身体ひとつ、
軽やかにダンスするよう、暗闇の奥に吸い込まれて行く。

3.馬鹿にあげた【構想memo】

・お嬢様
・ツンデレ
・世間知らず

・馬鹿に恋をする
・ぜんぶ鵜呑み
・はじめての挫折
・それをどう処理するか
 

2.さかなになった日

口から焼きそばが吹き出した。

バラエティ番組に割り込んだ臨時ニュース。
画面の向こうに対峙した白いスーツの女性キャスターは汗を拭い、
1度目よりもつまらずに、くしゃくしゃの原稿を読み上げた。


「南極の氷が異常な早さで融けているという環境問題は以前から話題になっていましたが、さ、先ほどついに、約2カ月後に日本が海の底へ消滅……そして3カ月後に完全に地球は海だけの星になると発表されました」


わたしはティッシュで口をぬぐいながらカレンダーを見上げた。
残念ながら今日は4月1日ではなかった。





ディカプリオが赤虫を無表情でついばんでいる。
彼は去年、縁日で元カレがとってくれた出目金だ。
生き物だから別れたあとに処分するわけにもいかなくて、そのまま飼ってる。
今はわたしが世話をしないと死ぬのに
2カ月後にはこいつが生き残ってわたしが死ぬんだって。
不条理だろ。
水槽を蹴飛ばすと、水がはねて畳に染みを作った。
むわっと生臭いにおいが鼻をかすめて消える。
ディカプリオは驚いて水槽を一周したあと、
ミズクサの陰に戻り、すずしい顔で立ち泳ぎをしていた。





「ただいまアケミー! ニュース見た!?」


玄関先でパートから帰ったばかりの母親がわたしを呼んだ。
アイスを食べながら顔を出すと、母親は意外にもうれしそうな顔をしていた。
不思議に思って観察すると、
土間いっぱいに大きなナップザックやごついブーツ、
あと、中身の見えない袋が置かれているのに気づく。

「ママ、パート先でね、誰よりも早くサバイバルグッズをゲットできたのよ! さすがでしょ~」

手に持っている袋にはペタンコにつぶれた新品の浮き輪が入っているようだった。
もう一度玄関を見る。

「ママ、これでみんなの分、足りるの?」

いくら大量の荷物だからって、玄関の土間におさまる程度。
家族3人分の準備が整っているようには見えない。

「んー……急なことでしょ。やっぱり競争率高くて。アケミの分も、やっと買えたのよ」

わたしはアイスの棒を口から出して、ナップザックから母親に視線を戻した。
母親は満面の笑みでわたしを見ていた。





赤虫の塊が水に落ちる。
ほぐれてばらばらになり、小さな繊維が舞う。
ディカプリオはそっと近づき、ぱくっと吸い込むと少し後退した。
水槽にはなんの障害もないのに、彼はいつも慎重だった。

わたしは好んで赤虫を買った。
丸い灰色の餌より、断然こっちのほうが綺麗だから。

ディカプリオに対しての不快感はもう消えていた。
彼はわたしに生かされて、そのあと地球に生かされる。
そしてわたしたちは生かされないってだけ。
ねたんでも仕方がない。
わたしの命が彼より崇高だと思うのは傲慢だ。
絶滅が与えられた未来なら、どうやって遂げるか考えたほうがいい。



わたしが海の底に沈む日、
赤虫のように綺麗に弾けることができればいいな、と思った。
パッとピンクの内蔵が水の中に散らばるのを想像する。
海の底から見るそれは、キラキラと光る太陽に撫でられる。
そしてディカプリオだけでなく、たくさんの魚や微生物の糧になる。
世界一きれいな餌だ。
体が震えた。我ながら名案だと思った。



カレンダーのエックスデーに◯を付けた。
登山グッズの中から抜き出して部屋に持ち込んだサバイバルナイフをなでる。
アジの開きみたいに肉体を開けば、より綺麗に拡散すると思う。



「よくやったな、郁子! さすが俺の嫁!」
リビング横の廊下に出ると、いつの間にか帰ってきていた父親の声が聞こえた。
中では両親がわたしをどこかの山に避難させる段取りを組んでいるようだ。
そのまま静かに廊下を通って玄関から外に出て
でたらめな番号に電話をかけた。
わたしは現実から逃げない。
2カ月の間に、開いてくれる人を探さなきゃいけないし。


空を見上げると、異常に肥大化した月が出ていた。
最近ニュースでもやってたけど別段気にしなかったな。
ははは! ビバ、典型的楽観主義ジャパニーズ!


そういえば金魚って、海水でも生きるんだっけ?
まあ、どうでもいいか。あはは!
耳元で鳴り続けるコール音を聞きながらわたしは大声で笑った。
 

1.君に見る夢

「あなたと合体したい……」


サークルのボックスで唐突にカヤコは言った。
カヤコが唐突なのは今にはじまったわけではないから
僕は黙って部屋に鍵をかけ、
着ていた自分のTシャツに手をかけた。

「違う。そうじゃなくて」

すでに半分脱ぎかけていた僕の顔の前に
カヤコは手のひらを突き出した。
だらりとおろしたほうの手には
アニメのDVDが握られていた。

やれやれと首をすくめるポースをとってTシャツを着直すと、
カヤコは僕の胸ぐらをつかみ、

「ということでパイロットはあーたし」

というやいなや
僕の口をひっつかみ、上下にがばっと広げて
そのままするりと中に入ってしまった。

部屋がしんとしずまる。

やれやれ。
僕は二度目のため息をついた。



「コックピットに着いたわ」

しばらくして給湯室でカップラーメンにお湯を入れていると
僕の目の位置よりカヤコの声が聞こえた。
カヤコが唐突なのはいつものことだから、僕は気にしなかった。

「あたしはタカノリと合体した、どうぞ」
「……どーぞ」
「あたしはタカノリを操縦している。これから命令を送る。ラーメンを食べて、どうぞ」
「……どうも」

僕がラーメンをすすると
カヤコはうれしそうに笑った。

「あたし、合体してる……」

カヤコが幸せなら、僕はそれでうれしかった。



計算違いだったのは、
今回のカヤコは本気だったってことだ。

すぐに飽きて出てくるだろうと思っていたのだが
あれから半年経っても依然、僕の頭の中にカヤコは住んでいた。
僕はカヤコを愛していたから、そんな日々も幸せだった。

しかし、日常は思いがけないことで変化する。
きっかけはサークルに新人が入ってきたことだった。
19歳の麗しき女子、猫田さんは
栗毛色の長髪に切れ長の目で、透き通るような肌を持ち
猫田さんが目の前を通るたびにいい香りと、胸の高鳴りを僕に残した。
僕はカヤコ以外に浮ついた気持ちを持ってしまったのだ。

これではダメだと思った僕は、とうとうカヤコに懇願した。

「カヤコ。出てきてくれ」
「いやよ。あたしはタカノリの一部になるの」
「でも僕は猫田さんを好きになってしまう」
カヤコは一瞬詰まったのち、
「そう……」
と悲しそうにいった。

とうとうカヤコが僕の願いを聞き入れることはなかった。



その後、猫田さんに告白して
めでたく付き合うことになった。



友人たちは、僕と猫田さんを祝福してくれた。

「タカノリがまともに戻ってくれてよかった」
「今年になってから独り言が多くなって、みんな心配してたんだぜ」
「やっぱり恋を忘れるには新しい恋だよな」

みんなカヤコについて僕になにも聞かなかった。
カヤコもみんなの声が届いていたはずなのに、なにもしゃべらない。
僕は罪悪感でカヤコに話しかけられず、そのままカヤコを忘れることにした。



カヤコが再び話しかけてきたのは、猫田さんと別れた日だった。

「タカノリ、また泣いてる」

ふられて胸が張り裂け満身創痍になり、
堤防の縁で膝を抱え、ひとり泣いている僕への第一声がそれだった。
一瞬誰かわからず、僕はまわりを見渡し、
やっとそれが頭のなかで聞こえていたことに気づいた。

「半年経ったらあたしのこと忘れちゃった?」
「いつも唐突だな。……僕はもうダメだカヤコ」
「思い出すね、あたしたちが出会ったときのこと」

カヤコと出会ったのは1年の終わり。
大学内の違う学部の女の子に告白してふられ、
学食のホールで泣いていた僕に声をかけてくれたのがカヤコだった。
そして僕たちはその日中に付き合うことになったんだ。

「今回も死にたいと思ったんだ」
「……どうだろう」
「別にどっちでもいいよ」

カヤコは僕に立ち上がるように命令した。
僕は抱えていた膝を放した。

「でも、あたしはあの子たちみたいにタカノリを裏切らない。人間、死ぬときはひとりだっていうけれど、そんなことない。今だって、死ぬときだって一緒だよ」
「君を裏切ったのに、どうして」

目前に広がる川には大きな夕日が映り込み、どぶの上を不安定にゆらめいた。
カヤコは慣れた手つきで、僕の頭の中で二本のバーを握ると
穏やかに前方に倒した。

「いいの。わかってるのよ、あなたのことは、全部。だって、愛しているんだから」

片足がゆっくりと前に出る。
僕は目をつむって思想した。
そうだ、いつだって僕はひとりじゃなか
 
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

遠藤あかね

Author:遠藤あかね
あかねだよう。

絵日記を描こうと思ったけど
無理だったので
50のお題という
創作文章系ブログにします。
しばしはね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。