スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.塔の騎士たち

「国を守りし我らが使命!!」
「悪を制し正義を貫く!!」
「我ら、選ばれし5人衆!」


(せーのっ!)


「「「「国民戦隊ッ! 騎士(ナイト)マン! アンドッ!?」」」」

「ナ、騎士ウーメンッ!」


…………。



「はーーーーー。っざけんな!!!!」


赤の全身タイツはわざとらしいため息をつくと、
目も合わせることなく、乱暴にドアを開けて部屋を出て行った。


「え!? レッドー! てか根岸さ〜ん、待ってくださいよぉ〜」
「チッ、お前のせいだピンク。また僕の有限な時間を無駄にしたな」
「……お、お前がっ、わわわ悪いんだからなっ、僕は関係なヒイィッ!!」


同僚たちも捨て台詞を吐き、レッドを追って出て行く。
みんなを追うこともできず、あたしはひとり残った。


「っはあ……」


金縛りのような重い空気から解放され、その場にずるずるとへたり込んだ。
汗でべっとりと肌に張り付いたマスクを一気にはぎ取ると、
涼しい風が額をさらってくれた。


「……ないと、うーめーん……」


クイッ クイッ


キメポーズを確認する。
うーん、どこがダメだったんだろう。もうやだ……。



あたしたちはお城の警護にあてられたSP。
任命されてわずか2か月、絶賛研修中。
戦隊モノが好きな王さまが国民の中から選抜したのは以下5名。


筋骨隆々、運動神経バツグンのレッド。
眉目秀麗、元ナンバーワンホストのイエロー。
頭脳明晰、生ける広辞苑のブルー。
自宅警備員、体積の怪物ペールオレンジ。
家政科短大卒の事務系OL1年目女子、ゆるふわピンクことあたし。


選抜基準を強さよりも個性を基準にしたのが
仲間割れしがちな理由だと自負してる。


特にリーダーレッドの根岸は男の世界で育ったため、戦隊に女がいるのが気に食わないらしい。

あたしだって、SPなんてしたくない……。
家に迎えにきた兵隊さんに
「王様の言うことは?」
と聞かれて
「ぜったーい!☆」
と反射的に答えちゃって、ここにいるだけなんだから。


「はあ〜〜」


何度目かのため息をついて、抱えた膝に顔をうずめた。
悲観したって我慢するしかない。
だって仕事だし。反逆者には死が訪れるし。

ここでは、
「王様の言うことは?」「ぜったーい☆」
なのだから。



……
…………
………………


「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」




………って、うるっさいなあ。何?

急に騒がしくなった外の様子を伺うために廊下に出て、
小窓から顔を出し、はっと息をのんだ。

           ・・
お城の50mほど先に、それがいた。


お堀の前には兵士が集まり厳重に警戒している。
その対象は、あたしがいる3階と同じ高さほどの“黒い影”だった。
姿はよく見えないけれど、ただ、ゆっくりと近づいていた。

……何あれ。



『なにをしておる国民戦隊! あいつを城に近づけるな!!』


小窓のすぐ脇に取り付けられていたスピーカーがギイギイと音を立て、王様の声が城中に響いた。
予想外にやかましく、思わず耳を塞ぐ。
でも事態が1mmも飲み込めていない。
我慢して、そのまま小窓から動きを観察していると、
塔の1階から騎士マンの面々が飛び出てくるのが見えた。
うわっあたし出遅れた!? てか、声かけないかな、フツー。


「根岸さん! ピンクがまだ……!」
「女なんていなくても俺らだけで十分だろ。違うかーッ!?」


あの人本当に自分の感情だけで、チームワーク無視するよね!


「しかし待ってください! あれは!? 僕の辞書には載ってない!」
「ヒ、フヒヒィ、ば、化け物おおおお!?」


さすがの同僚たちも、初めての実践そして初めて対峙した敵に怯んでいるみたい。
その間に“黒い影”は順調に門を突破して、敷地内に侵入。
さらには悠々と闊歩していた。


“黒い影”が敷地内まで近づいてやっとディテールが見えてきたんだけど、
本体を包む漆黒のモヤは竜巻のように渦巻いていて、
時折、黄色や緑の小さな布切れが見えたり消えたりしている。
それは門を守っていた兵士の、階級ごとの制服カラーに酷似していた。

おそるおそる“黒い影”のたもとを覗き込む。
逃げ惑う兵士たちが次々と“黒い影”に巻き込まれていて、
足をすくわれた一人が黒の中に消える瞬間、目が合った。


「———っ!!!」


足の震えが大きくなり、ついに床に膝が付いた瞬間、
胃からせり出した気持ち悪さは、パンケーキの種のような吐瀉物となって現れた。

本当待って。
ウチら、対人間を想定して戦闘の訓練をしていたよね?
あんなのと戦うなんて聞いていない。
つか無理だろ! いい加減にっ……


『国民戦隊たちよ! 今こそロボで戦うのじゃ!!』


のんきな王様の城内放送に、城から歓声がわいた。
あたしには殺意がわいた。


「フフヒイイイイ!! 支給されてなイイイイ!!!!」
「根岸さーん! ロケラン的なのとかないんすかwwww」
「ウッセー、男は特攻! あれは遠近法でデカく見えるだけだ!!」
「ふぅ、リーダーは脳みそまで筋肉だったのですね。僕は離脱させていただきます」
「ピピピ、ピンクだ! 全部、あいつのせいでフヒフヒフヒフうわあああああ!!?」
「ぬおおお! ペールオレンジーーーーーッ!! 今助けぐわあああっ」


ざりざり……

じょりじょり……


うるさくわめき散らす同僚たちとは対称的に、静かにゆっくりと確実に。
奇妙で不快な音を立て、忌まわしい姿の“黒い影”は歩を進めている。


ざりざり……

じょりじょり……



あ、ああ、あ、こわい。
誰か、助けてよ。
あたし、こんなところで死にたくない……!


……っ?
てか“黒い影”、さっきから同じ方向にしか進んでなくない……?
脇に逃げてった兵士は無傷で、“黒い影”の進行を妨げる兵士が巻き込まれていて。
ただ、ひたすらに、この城を目指しているけど。


じゃあ、標的はこの城?

    ・・・・・・・・
まさか、城を襲うのが目的なんじゃなくて、

  ・・・・・・・・・・
ただ真っすぐ進むのが目的だったら……。



こんなヤツ、見たことも聞いたこともないけど、
もしかしたら、ねえこれ、新しい自然災害的なもの?

だとすればこれに立ち向かうのって、
台風の日に田んぼの様子見に行ってるようなものじゃん。
もしくは川の様子を……ってもうどっちでもいいわよ。


…………OK、逃げよう。


あたしは着ていたものをするりと脱いだ。
喚き散らされる声に、ギイギイと雑音を混じらせて抵抗しているスピーカーの隣から、
吐瀉物まみれのマスクやタイツを、思いっきり外に向かって放り投げる。
それは少しだけ宙を漂ったあと、あたしがいる塔に向かう黒の中に吸い込まれた。
“黒い影”と目が合った気がした。


「……さよなら、ピンク」


つぶやいて、下着姿で石の階段を駆け下りた。
荒唐無稽なお遊びから自由になるために。


で、生きるために。

4.今なら言える

ごおおおう……


五感が研ぎ澄まされている今、風の繊細な音まで耳にしっかりと届く。
深手を負ったオレは瀕死で大地と接吻をしていた。

目の前で仁王立ちしている蛍光イエローで筋骨隆々の生物。
地球を支配しようと降り立った宇宙人のひとりだ。

地球最後の戦士として全人類の期待を背負い
戦いに挑んだオレはそいつに敗れた。
地球のみんな……。
残り少ない地球のみんな、すまない。
オレは、地球を守れなかった。



死はもう時間の問題だろう。
オレの生きた23年間のダイジェストが次々に浮かび上がる。
自然に囲まれたふるさと。
透き通った川で魚が元気に跳ねる。
ふざけながらオレが水の中にばしゃばしゃと駆け込むと
幼なじみのアイツが「もお!」って膨れっ面している。


くそォォ……。
アイツや残った人類はこのあと、隠れているシェルターが見つかってやられちまうのかな。
ごめんな……がんばったんだけど、人類を……お前を守れなかった。


そういえばアイツに想いを伝えた日。
たしかあれは2年半前、雪がチラチラと舞っていたな。
そしておれとアイツは……

「おい」

おれとアイツは……

「おい、死ぬのか?」

アイツ……

「おいって……。ちょっと、聞いてんのか!?」


って、なんだよクソ宇宙人、うるせーな。
今、残り少ないライフで回想してんだろうがボケが。


「なあなあ、ちょっと待てよ、弱くね?(笑) オレ、中ボスで、噛ませ犬的ポジションなんですけど。えー、お前ほんとうに最後の戦士? 戦士死ぬの? 困るなあ〜うちのパイセン等まだ待機してんだよ、出番なくなったらオレが怒られちゃうよ〜。実はやられたフリだろ? あ、わかった。わかっちゃった! このあと真の最終戦士が助けに来るんだな?」


来ねーよ誰も。
つかあんたがバッタバッタと選ばれし戦士2000人強全員。
全員倒したんでしょーが。


「よーしこい! 太陽に隠れてるのかあ!? と、見せかけて地面かっ!? …………って来なーい! えーえー! お前、『おれが最後の戦士だー!』っていってたけどマジ!? だってお前の前に来たやつのほうがちょっと強かったぜ!? まだ10分くらいしか戦ってないじゃん〜やだ〜死なないでよおお」


く、くそォ言いたいように言いやが……っつッ!?
意識がかすんできやがっ……たぜ……。


「あ。動いた!? 大丈夫系? 実はまだ大丈夫系かな〜〜?」




……ああ。
目の前にもやがかかってきた。
おかしいな。痛みもだんだん消えていく。
どうやらお迎えが……来たようだ……な。

っ? そこにいるのはまさか……
先に逝った戦友のジョナサン……か?
おいおい、ニヤニヤしてんなよ。
あの世でもおれをからかう気だな?
お前とは冗談ばかり言い合っていたけど本当は……


「実は! 誰にも見せる機会がなかったけど! 第二形態もあるのだアア!!」

本当は信頼……

「待ってろよ、死ぬなよまだ! ちょっと必殺技見せるからな!!」

信頼し……

「これが俺様の本当の力だアアアア!!!(大きな地響きと共に山がひとつ吹き飛ぶ)」

…………


「すげーだろ! ここにあった骨がな、見える? ちょっと移動しようか? ここでだな、曲がって収納されている! どうだ! そして実はもっとすごいのがあってだな!! 俺様、本当は第三形態まで変身することができるのだ!! おい見とけよ人間! もうお前くらいしか見せるやついないんだからなアアアアア!(ごごごごごごごごごごごご)」




おーい誰か。ちょっと誰かいませんか?
誰かこのうるせーやつ倒して黙らせてくれ。今生の頼みだ。

3.馬鹿にあげた

「あんたを殺してわたしも死ぬ!!」

握りしめたのは出刃包丁。
わたしは本気。
この、浮気者でプレイボーイでわたしの彼であるアイツを刺して死んでやる!


「ま~落ち着けよ~(笑)」


こんな状況でも彼はひょうひょうとしている。
わたしはこんなに、真剣なのに……!
包丁の柄をぎゅっと握り直す。


「殺す! 3回殺す! 嫌だっていっても」

「別に嫌だとはいっていない」

「うるさ……、はあ!?」


午前1時。
神社の境内に彼は座り込んだ。


「でもお前、俺を刺したあと、本当に死ぬの?」

「し、死ぬわよ!?」

「本当に~? やっぱり怖くてやめた~ってなるんじゃない?」

「ならないわよふざけんな!!」

「じゃあさ~、俺が万が一助かってお前だけ死んだらどうよ」

「えっ……」

「お前、死に損じゃない?」

「そんなことないように……」

「俺、二人とも確実に死ぬ方法知ってるよ」


彼はにっこり微笑んだ。


「お前と俺が結婚して、それで歳を取って、天寿をまっとうして死ぬのよ。どう?」

「……!!」


自分の目から大粒の涙がこぼれ、頬を濡らすのを感じた。
コトン と足元に包丁が転がった。
手が震えていた。


「なにそれ……ずるいよぉ……」

「ごめんな、心配かけて。もうどこにもいかない」


彼がわたしの隣にゆっくりと歩み寄り
そっと、頭を撫でてくれる。
ずるい。好き。ずるいよ。好きだよお……。


「よし。帰ろうね~」


わたしは子供のように泣きじゃくりながら、コクン と首を縦に振る。
彼がぽんぽんとわたしの頭を撫でて、荷物を拾いに離れていった。
わたしはふと顔を上げて帰り道の薄暗い下り階段の前に立った。



この神社の階段の先のように
モテる彼を持つわたしの人生の先は真っ暗で手探り。
でもわたし、この馬鹿に、わたしの人生をあげようと決めたんだ。
だから……








身体がぐらりとバランスを崩す。
あれ。
あんたいつの間にわたしの背後にいたの。


勢いづいた身体ひとつ、
軽やかにダンスするよう、暗闇の奥に吸い込まれて行く。

3.馬鹿にあげた【構想memo】

・お嬢様
・ツンデレ
・世間知らず

・馬鹿に恋をする
・ぜんぶ鵜呑み
・はじめての挫折
・それをどう処理するか
 

2.さかなになった日

口から焼きそばが吹き出した。

バラエティ番組に割り込んだ臨時ニュース。
画面の向こうに対峙した白いスーツの女性キャスターは汗を拭い、
1度目よりもつまらずに、くしゃくしゃの原稿を読み上げた。


「南極の氷が異常な早さで融けているという環境問題は以前から話題になっていましたが、さ、先ほどついに、約2カ月後に日本が海の底へ消滅……そして3カ月後に完全に地球は海だけの星になると発表されました」


わたしはティッシュで口をぬぐいながらカレンダーを見上げた。
残念ながら今日は4月1日ではなかった。





ディカプリオが赤虫を無表情でついばんでいる。
彼は去年、縁日で元カレがとってくれた出目金だ。
生き物だから別れたあとに処分するわけにもいかなくて、そのまま飼ってる。
今はわたしが世話をしないと死ぬのに
2カ月後にはこいつが生き残ってわたしが死ぬんだって。
不条理だろ。
水槽を蹴飛ばすと、水がはねて畳に染みを作った。
むわっと生臭いにおいが鼻をかすめて消える。
ディカプリオは驚いて水槽を一周したあと、
ミズクサの陰に戻り、すずしい顔で立ち泳ぎをしていた。





「ただいまアケミー! ニュース見た!?」


玄関先でパートから帰ったばかりの母親がわたしを呼んだ。
アイスを食べながら顔を出すと、母親は意外にもうれしそうな顔をしていた。
不思議に思って観察すると、
土間いっぱいに大きなナップザックやごついブーツ、
あと、中身の見えない袋が置かれているのに気づく。

「ママ、パート先でね、誰よりも早くサバイバルグッズをゲットできたのよ! さすがでしょ~」

手に持っている袋にはペタンコにつぶれた新品の浮き輪が入っているようだった。
もう一度玄関を見る。

「ママ、これでみんなの分、足りるの?」

いくら大量の荷物だからって、玄関の土間におさまる程度。
家族3人分の準備が整っているようには見えない。

「んー……急なことでしょ。やっぱり競争率高くて。アケミの分も、やっと買えたのよ」

わたしはアイスの棒を口から出して、ナップザックから母親に視線を戻した。
母親は満面の笑みでわたしを見ていた。





赤虫の塊が水に落ちる。
ほぐれてばらばらになり、小さな繊維が舞う。
ディカプリオはそっと近づき、ぱくっと吸い込むと少し後退した。
水槽にはなんの障害もないのに、彼はいつも慎重だった。

わたしは好んで赤虫を買った。
丸い灰色の餌より、断然こっちのほうが綺麗だから。

ディカプリオに対しての不快感はもう消えていた。
彼はわたしに生かされて、そのあと地球に生かされる。
そしてわたしたちは生かされないってだけ。
ねたんでも仕方がない。
わたしの命が彼より崇高だと思うのは傲慢だ。
絶滅が与えられた未来なら、どうやって遂げるか考えたほうがいい。



わたしが海の底に沈む日、
赤虫のように綺麗に弾けることができればいいな、と思った。
パッとピンクの内蔵が水の中に散らばるのを想像する。
海の底から見るそれは、キラキラと光る太陽に撫でられる。
そしてディカプリオだけでなく、たくさんの魚や微生物の糧になる。
世界一きれいな餌だ。
体が震えた。我ながら名案だと思った。



カレンダーのエックスデーに◯を付けた。
登山グッズの中から抜き出して部屋に持ち込んだサバイバルナイフをなでる。
アジの開きみたいに肉体を開けば、より綺麗に拡散すると思う。



「よくやったな、郁子! さすが俺の嫁!」
リビング横の廊下に出ると、いつの間にか帰ってきていた父親の声が聞こえた。
中では両親がわたしをどこかの山に避難させる段取りを組んでいるようだ。
そのまま静かに廊下を通って玄関から外に出て
でたらめな番号に電話をかけた。
わたしは現実から逃げない。
2カ月の間に、開いてくれる人を探さなきゃいけないし。


空を見上げると、異常に肥大化した月が出ていた。
最近ニュースでもやってたけど別段気にしなかったな。
ははは! ビバ、典型的楽観主義ジャパニーズ!


そういえば金魚って、海水でも生きるんだっけ?
まあ、どうでもいいか。あはは!
耳元で鳴り続けるコール音を聞きながらわたしは大声で笑った。
 
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

遠藤あかね

Author:遠藤あかね
あかねだよう。

絵日記を描こうと思ったけど
無理だったので
50のお題という
創作文章系ブログにします。
しばしはね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。